WSET ワイン&スピリッツ レベル2資格

業界で仕事をしている人やワインとスピリッツの愛好家を対象とした、ワインとスピリッツについての知識を深める初級 ~ 中級 レベルの資格。
この資格ではワインを理解するうえで不可欠な知識を得ることを目指す人を対象に、主要なブドウ品種とそれらが栽培されている重要なワイン生産地域について学びます。それらのブドウから製造されるワインのスタイルのほか、重要な分類やラベル用語についても学んでいきます。スピリッツやリキュールの主要なカテゴリーに関する基礎的な知識も提供します。 このコースを完了すると、WSET の認定書と襟章が付与され、関連する WSET 認定ロゴを使用できるようになります。
WSET ワイン&スピリッツ レベル 2 資格では、本当に多くのことを学びました。新しいワインや、新しいワイン生産地、ワインの評価方法、その他にもいろいろです。

Bogdan Caracaleanu (受講者、ルーマニア)

学習内容

  • ワインの製造方法
  • ワインのスタイルに影響を与える要因
  • 重要な白ブドウおよび黒ブドウの品種と特徴
  • これらのブドウを育てる世界の重要なワイン生産地域
  • スパークリング・ワイン、甘口ワイン、酒精強化ワインの製造方法

コースの実施

この資格の最低要件となる学習時間は 28 時間で、そのうち 16 時間が WSET コース・プロバイダーによる教室またはオンラインでの授業になります。*

以下の言語での受講が可能です:

* 実施方法はコース・プロバイダーによって異なりますが、これが必要とされる最低要件となります。

評価

評価は参考書持ち込み不可の 50 問の解答選択式(マークシート式)試験によって実施されます。

この資格は Ofqual によって管理されています

受講要件

この資格に受講要件はありません。アルコールのテイスティングに参加するには、コースを受講する国における合法的な飲酒年齢に達している必要があります。ただしそれは、コースを無事に終了することの妨げとなるものではありません。要件はコース・プロバイダーによって変わる場合があります。

コース情報

コース要件に関する具体的な詳細については、以下の仕様をダウンロードしてください。

WSET ワイン&スピリッツ レベル2資格_1180x750.jpg

重要なお知らせ

WSET ワイン&スピリッツ レベル2資格は、2020年1月31日をもって恒久的に廃止されることになりました。それ以降、2020年7月31日までは再受験のみ可能となりますが、全ての再受験者はこの日までに再受験を完了しなければなりません。

WSETワインレベル2資格は2019年8月1日に新規開講されますが、スロベニア語並びにフィンランド語では開講されません。